福猫長者

長男の迷言:なめらかに生き残る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

子宮内膜症

夫にせっつかれて、ようやく行ってきたよ、婦人科。
超音波と触診でさっくりと「子宮内膜症」とのこと。かかりつけの病院に継続して通うってほんとに大事。以前の超音波画像とじっくり見比べての診断だった。年季の入った病院だけに、先生の経験も豊富と思われる。

今後の治療方針は、鎮痛剤で良しとするか、低用量ピルっぽい物(この辺の言い回しが複雑な薬事行政の末であるところが泣ける)を使うか、と選択の余地をくれる。物分かりがいいんだ、ここの先生は。動けないほどきつかったのは前回が初めてなので、とりあえずは様子を見ることになった。けど。

超低用量ピル、ミニピル、ロイコトリエン拮抗薬の中から、どれにしようかと半ばワクワクしながら思案中だったりする。
ロイコちゃんは鼻炎にも効きそうなのが魅力的。これを処方していただくには重度の鼻炎を訴えるか喘息の診断を無理やりいただくかする必要があって、どっちにしても婦人科では厳しいのかな。地味に内科も掲げている先生なのでダメモトで交渉してみる価値はあるかも。
スポンサーサイト
[ 2012/11/26 21:17 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。